プロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ自分で歯科医院を開業したい、そう考えはじめた時からさまざまな悩みや問題が出てくるものです。私たちスタートデンタルはそんな皆様の開業支援を多角的に支援し解決へのアドバイスをさせていただいています。開業時における問題の中でも特に悩まれることが多い内容には次のようなものがあります。

・設計や施工をどこにまかせるか
歯科医院の建設には一般住宅の建設とは違ってかなり専門的な知識と経験が必要です。院内のレイアウトは医師やスタッフだけでなく患者の動線もスムーズであることが重要ですし、保健所の検査に合格できるように設備の設置等もしっかりと考慮しなければなりません。もし保健所の許可が下りない場合は施工をやり直すことになり、大きく予算オーバーするだけでなく開業時期が遅れてしまうリスクが生まれます。

・どんな立地に開業するか
歯科医院を開業したのはいいけれど患者が集まらない…それでは多くの資金と時間と労力をかける意味がありません。地域によっては歯科医院が乱立していて人口に対する比率とのバランスがとれていないことがあり、開業後の集客に苦労することになります。

・いい税理士をどうやって見つけるか
歯科医院の開業には多くの資金がかかるため、その調達にかかる時間をあらかじめ考慮しておく必要があります。また開業後には資金計画を踏まえた適切な会計処理や定期的なチェックも欠かせませんから、税理士と顧問契約を結ぶケースがほとんどです。長期の付き合いになるので、事業の方向性に理解がありコミュニケーションが密にとれる、資金調達や会計において適切なアドバイスをくれる、そういった税理士を早い段階で探しておく必要があります。

・WEBでの集客をどのように行うか
新聞広告やチラシからよりもWEBサイトからが中心になってきている現在ではホームページ制作は必須です。しかし単にHPを制作しただけでは集客の有効なツールにはならず、GoogleやYahooといった検索エンジンで上位に表示される工夫が必要です。また20代~30代前半の世代は40代以上の世代と比べてパソコンよりスマートフォンでHPを閲覧する人が多いため、スマートフォンの検索対策も欠かせません。

 開業前後に出てくるこのような問題はどのように解決していくといいのでしょうか。

「予想できる問題をピックアップしてひとつずつ対策を取っていく」という方法がもっとも一般的でしょう。しかし開業しようと決めた時から対応しなければならないことが山のようにある中で、対策を自分自身で考えていくというのはかなり難しいのが現実です。また開業医である皆様は歯科の専門家ではありますが、医院経営に関しては不慣れな状況であることがほとんどです。歯科治療と医院経営はどちらも皆さんが主体ではあっても全く違う分野ですから、経験の少ない医院経営についてはその道の専門家に任せるのが最良の方法と考えております。

医院経営を専門としている企業はたくさんありますが、開業までのステップをいわばマニュアル化していて、一括契約によってそれに沿う形で進めていくのが一般的です。しかし開業までにどんなステップをどう進めていくか、すべてのステップのサポートを必要とするかは開業医の方によって大きく異なりますから、ケースごとに柔軟に対応できることが重要です。

私たちスタートデンタルは、立地調査や商圏分析、内装デザイン、資金調達や資金計画、ホームページ制作など、各分野における実績豊富な専門家が自信をもってアドバイスいたします。どのメニューからでも、ひとつのメニューだけでもご利用いただける弊社独自のシステムは開業医の皆様に大変喜んでいただいています。

歯科医院開業をご検討されているなら、まずは弊社に一度ご相談ください。
開業までのプロセスにおいて、開業医の皆様のご希望を汲みながらご納得いただけるまでしっかり支援させていただきます。