戸建開業とビル診型開業にかかる費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院の開業を検討する際に悩む項目の一つとして多いのが開業の形態です。開業の形態は主に戸建で開業するかビルに入居して開業するかという2つに大別されます。それぞれの形態で開業した場合のメリットとデメリット、費用の違いを簡単にまとめました。

・戸建開業とビル診型開業
戸建開業とは、土地に戸建施設を建ててその一部もしくは全部を使って歯科医院を開業する形態をさします。対してビル診型開業とは、テナントビルにテナントとして入居し賃貸契約したスペースで歯科医院を開業する形態をさします。

・戸建開業のメリットとデメリット
戸建開業は任意で探した土地に戸建施設を建てるため、建ぺい率等がクリアしていれば歯科医院の規模を自由に設定することができます。また外観のデザインや色等で個性を出すことで地域の住民に認知されやすく、印象に残りやすいということもあります。また土地や建物を担保としてより多額の融資を受けることが可能です。しかし開業にあたってまず土地を取得するための多額の初期費用がかかってしまうこと、事業コストが多額になり単独開業が難しい場合があり複業開業(空いているスペースを賃貸にする等)にしなければならない可能性があることがデメリットと言えます。

・ビル診型開業のメリットとデメリット
ビル診型開業は駅やオフィス街など人が集まりやすい場所で開業できるのが最大のメリットです。また土地の取得が必要ない分戸建開業よりも初期投資が抑えやすいと言えます。その反面、テナントが多く集まる場所に開業することになるため目に留まりづらく認知されにくい、歯科医院の仕様になっていないスペースを借りる場合はインフラ整備にコストがかかる、賃貸借契約の規約によっては希望の医療機器を導入できない可能性があるといったデメリットがあります。また条件のいい場所が見つかったとしても開業時期が未定の場合はその場所を押さえておくための費用を別に負担しなければなりません。

・それぞれの開業費用の目安
戸建開業の場合は土地取得費、建物建築費、外構工事費、設計測量費といった土地建物に関する費用と、医療機器や什器、初期医材費、人件費、広告看板費、医師会入会費といった開業に関する費用、その他こまごまとかかる経費を含めるとおよそ2億~2億5000万円はかかると考えます。
ビル診型開業の場合は敷金や内装工事費、設計費といった工事に関する費用と、医療機器や什器、初期医材費、人件費、広告看板費、医師会入会費といった開業に関する費用、その他の経費を含めるとおよそ5000~8000万円の費用がかかると見ておくといいでしょう。

どちらの形態で開業するにしても、開業後の良好な経営維持が見込めそうな土地やテナントビルを探したり、親しまれる外観や内装のデザインを考えたり、中長期的な資金計画を練ったり、効果的な広告戦略を実行したりと膨大な項目を検討して決めていく必要があります。これらを開業医の皆様が医療業務を日々行いながら進めていくのは時間的にも労力的にもかなり大変なことです。

私たちスタートデンタルは、戸建開業・ビル診型開業どちらも豊富な実績があり多くの開業医の皆様に喜んでいただいています。各分野の専門家による丁寧なアドバイスと長期的なサポート体制で開業医の皆様からのさまざまなご要望にお応えしながら最適なご提案を通してスムーズな開業準備をお手伝いいたします。

歯科医院の開業形態についてお悩みの場合はまず一度弊社にお気軽にご相談ください。